台風で校舎の屋根に穴が開いた朝鮮学校に支援の輪広がる

台風21号の襲来から1カ月半。強風で校舎の屋根が吹き飛ばされた城北朝鮮初級学校(大阪市旭区)では、業者や資材不足などで本格的な修繕のめどが立たず、正常な授業再開までにはまだ時間がかかりそうだ。(新聞うずみ火 矢野宏)

5年生の教室の天井に大きな穴が開いた城北朝鮮初級学校=大阪市旭区

2018年9月4日の台風急襲に備え、前日には大阪府下10校の朝鮮学校の休校が決まった。城北朝鮮初級学校では児童65人を送りとどけたあと、男性教師たちが下駄箱や掲示板、自転車などが吹き飛ばされないようロープで結んだり、朝礼台を教室に運んだりして不測の事態に備えた。

台風21号は、4日夕方には関西を通り過ぎたが、各地に大きな爪痕を残した。「校舎の屋根が飛んでいる」という緊急連絡を受け、車で駆けつけた高暢佑(コウ・チャンウ)校長(54)は学校の惨状を目の当たりにして言葉を失った。

男性教師や保護者と一緒に学校の外に飛び散らかっている屋根や倒木などを回収した後、校内の片付けにあたった。

2階建て木造校舎の屋根は、長さ25・5メートル、幅3・6メートルにわたって吹き飛ばされていた。2階には4~6年生の教室があり、天井は雨水を含んで今にも抜け落ちそうな状態で、特に5年生の教室では大きな穴が2カ所も開いていた。

2階の教室の床にたまった雨水は1階にも漏れ、幼稚園の教室も水浸し状態だった。

高校長は「これでは子どもたちを迎え入れられない」と、2日間臨時休校にした。

1

2

関連記事

アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る