「アベ政治」を振り返る…「共謀罪」戦前の治安維持法にならないか

安倍元首相が参院選の街頭演説中に銃撃され、死亡したことを受け、「新聞うずみ火」の過去の記事から「アベ政治」の一端を振り返っているが、第2弾は「共謀罪」。2017年6月号から紹介する。(新聞うずみ火編集部)

「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案が2017年5月19日、衆院法務委員会で自民と公明、日本維新の会の賛成多数で可決した。一般市民は対象になるのか、テロ対策につながるのか。いくつもの疑念を残したまま、与党側は審議時間の目安とする30時間に達したとして採決を強行した。残されたままの疑念について、共謀罪に詳しい永嶋靖久弁護士らとともに検証する。(新聞うずみ火2017年6月号)

組織犯罪処罰法改正案は、東京五輪・パラリンピックを控えたテロ対策の必要性から「テロ等準備罪」を新設するというもの。2人以上が犯罪の計画を相談(共謀)し、その後に準備行為があったら、計画された犯罪が実行されなくても罰せられ、法定刑の長期(上限)が4年以上の刑法全般について計画段階で処罰できるという内容はまさに「共謀罪」そのもの。

「共謀罪」だと過去3回も廃案になったように、世論の反発を買う。五輪のためのテロ防止と訴えれば支持を得やすいと考えたのだろうが、法案にはテロのための条文はない。

今回は対象となる犯罪の数をこれまでの676から277へと大幅に絞り込んでいるが、その中には誰が見てもテロと無関係な犯罪が数多く含まれている。

■テロ防止 すでに法整備

そもそも、なぜ「共謀罪」法案が必要なのか

2000年に国境を超えた組織犯罪に対処するため、国連総会で「国際組織犯罪防止条約」(パレルモ条約)が採択された。政府は、締結するために必要な法整備(共謀罪)が必要だと説明する。

「政治家の犯罪は『共謀罪』の対象から除外されている」と話す永嶋弁護士=2017年5月

 

パレルモ条約は法整備を求めてはいるが、立法措置が必要だとは書いていない。永嶋弁護士は「パレルモ条約が採択されたのはアメリカ同時多発テロの前年で、マフィア対策なのです。マネーロンダリング(資金洗浄)や麻薬売買、人身売買などを行う国際的な犯罪集団に対して各国が協力して対応していこうというのが目的」と述べ、「共謀罪」法案がなくても条約の締結ができると主張している。

「もともとマフィア対策として出てきたのがテロ対策に変わるなど、条約本来の目的と違っている。メディアが『テロ等準備罪』という通称を使うことも間違いです」

では、「共謀罪」がなくてもテロ対策は大丈夫なのか。

永嶋弁護士は「テロ対策のために、わざわざ『共謀罪』を新設する必要はない」という。

「日本はテロ防止関連諸条約13本を批准し、これに対応する立法がすでになされています。また、国内法では、爆発物取締罰則、化学兵器、サリン、航空機の強取、銃砲刀剣類所持等取締法など、実際に行動を起こす前の『予備』の段階で処罰することが可能となっており、現在の法律で十分事足りるのです」

4月25日の衆院法務委での参考人質疑に臨んだ京都大大学院の高山佳奈子教授(刑事法)もこう証言している。

「五輪の開催決定の翌14年に改正された『テロ資金提供処罰法』の新しい条文により、テロ目的による資金、土地、建物、物品、役務その他の利益の提供が包括的に処罰の対象に新しくなりました。これでほとんどのテロ目的の行為はカバーできています」

参考記事:「アベ政治」を振り返る…「森友問題」財務省文書改ざん発覚 誰の指示だったのか

1

2

関連記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ピックアップ記事

  1. 安倍元首相の国葬が27日午後、東京都千代田区の日本武道館で行われる。法的根拠がないまま閣議決定された…
  2. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  3. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  4. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  5. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る