安倍元首相銃撃死と参院選 「維新の勢い止まった」関西学院大・冨田宏冶教授

安倍元首相が投票日2日前に銃撃され死亡する衝撃の中で行われた参院選は、63議席を獲得した自民党の圧勝で終わった。公明党とともに、非改選を含め与党で146議席と、過半数(125議席)を大きく超えた。これに対し、野党第1党の立憲民主党は改選議席を6議席減らす17議席にとどまり、12議席に倍増させた日本維新の会と明暗を分けた。選挙で示された民意とは何か、政局はどう動くのか。関西学院大法学部の冨田宏冶教授と時事通信社解説委員の山田惠資さんに話を聞いた。(新聞うずみ火 矢野宏)

選挙戦最終日の7月9日、京都・四条河原町。大雨にもかかわらず、両側のアーケードはびっしりの人波であふれていた。

午後7時過ぎ、日本維新の会の最後の街宣。車の上には維新新人の楠井祐子氏(54)と並んで手を振る国民民主党の前原誠司代表代行の姿があった。「大阪で改革の実績を残し、今や全国で改革を広げていこうとする維新とタッグを組み、自民に代わる政権の受け皿を作りたいのです」

京都選挙区は定数2。自民新人の吉井章氏(55)と5選を目指す立民の福山哲郎氏(60)の間に楠井氏が割って入った。前原氏は、かつての盟友・福山氏でなく、楠井氏を推した。

身を切る改革をアピールした吉村氏㊥=7月9日、京都・四条河原町

 

大阪に続き、兵庫でも知事選を制した維新にとって京都は「鬼門」。参院選では最重点選挙区と位置づけ、代表の松井一郎・大阪市長、副代表の吉村洋文・大阪府知事が連日のように京都入りした。

1

2

関連記事

アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  





ピックアップ記事

  1. 安倍元首相が銃撃された事件で、逮捕された山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=は「世界平和統一家庭…
  2. アベノミクスは成功したと言っているが、なぜ岸田首相が「新しい資本主義」を口にしなければならなくなって…
  3. 大阪市東住吉区田辺に「模擬原爆」が投下されてから77年となる7月26日、爆心地から約300メートル離…
  4. 落語には「根問いもの」と呼ばれる一群の噺がある。「根問い」とは、物事の根本に立ち戻って問い返すこと。…
  5. 落語にはいろんな動物が出てくる。で、イヌもネコも狼も猿も狸も人間の言葉をしゃべる。結果、鳴く動物は少…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る