大阪カジノ・住民投票条例案、府議会で29日に提出

軽トラックの荷台に積まれた市区町村ごとの署名簿=7月21日 大阪市中央区

大阪府・市が進めるカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の是非を問う住民投票条例を制定するかどうか、府議会の臨時議会が7月29日午後から開かれ、審議される。第3会派の自民党府議団(13人)は賛成する方針を固めたが、誘致を推進する大阪維新の会が過半数を占め、第2会派の公明党府議団(15人)も反対を表明していることから否決される公算が大きい。(新聞うずみ火 矢野宏)

おすすめ記事:大阪カジノ是非問う住民投票21万筆 府に条例制定を直接請求

IRカジノ誘致を巡っては、大阪市の市民団体が住民投票条例制定を求める署名約21万筆を集め、21日に吉村洋文知事に直接請求した。吉村知事は地方自治法に従い、この日の臨時府議会に条例案を提出する。
市民団体は昼まで府庁前で座り込みを行い、午後から府議会を傍聴。夕方から記者会見を開く予定だ。

関連記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ピックアップ記事

  1. 安倍元首相の国葬が27日午後、東京都千代田区の日本武道館で行われる。法的根拠がないまま閣議決定された…
  2. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  3. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  4. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  5. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る