大阪大空襲77年 「まさに生き地獄」在日女性が児童らに体験話す

1945年6月7日の第3次大阪大空襲で母と3人のきょうだいを亡くした在日朝鮮人二世の鄭末鮮(チョン・マルソン)さん(89)=滋賀県野洲市=が、守山市立玉津公民館主催の「小学生自主活動学級」で玉津小6年生48人に空襲体験を語った。「忘れたいと思っていたが、忘れてはいけないと思うようになった。戦争はあかん、差別もあかんと伝えてほしい」と訴えた。(新聞うずみ火 矢野宏)

「昼間なのに黒い煙で真っ暗になり、何かにつまずいたと思って見たら死体。まさに生き地獄でした」。白いチマ・チョゴリ姿の鄭さんは静かに語りかけた。

空襲体験を語る鄭さん

 

来襲した409機のB29爆撃機は大阪市東部の都島区や旭区、東淀川区、豊中市や吹田市などにも1トン爆弾や焼夷弾を投下。B29の護衛のために飛来したP51戦闘機138機が地上で動くものを見境なく銃撃した。死者2759人、6682人が負傷した。

両親がなぜ、韓国南部の慶尚南道から日本に来たのか、詳しく聞いたことはない。鄭さんは日本で生まれ、現在のJR新大阪駅の近くで育った。

「学校でいじめられ、勉強した記憶がない」と振り返る鄭さん。「疎開先でもいじめられるのではないか」と両親が心配し、集団疎開もせず、学校にも通わなくなった。

空襲当日も家の前で遊んでいると、「突然、どかーんと地球がひっくり返るような爆発音がした」。あまりの恐怖に、鄭さんは周りの家から飛び出してきた大人たちの後について逃げた。

おすすめ記事:「空襲の犠牲者名簿もない都市も…」松山で初の「空襲記録」全国大会

1

2

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ピックアップ記事

  1. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  2. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  3. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  4. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…
  5. 日本映画黄金期の松竹、日活、東宝、大映を渡り歩き、45年の短い生涯に51作品を残した異才・川島雄三(…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る