被爆77年の広島 夜明け前から祈る人たち…

広島に原爆が投下されて、8月6日で77年。ロシア軍によるウクライナ侵攻で、核の脅威に対する危機感が広がるなか、被爆地・広島では、犠牲者を追悼する祈りが続いた。(和歌山信愛女子短期大学副学長 伊藤宏)

式典前に一般参列

 

平和記念公園(中区)にある原爆慰霊碑には、夜明け前から大勢の人が祈りを捧げに訪れていた。一般参拝は午前7時まで。新型コロナウイルス感染症対策と警備の関係から、一般参拝終了以降は会場付近には入れなくなる。

安倍元首相銃撃事件もあってか、物々しい警備

それでも今年は3年ぶりに一般の参列者席が設けられ、新型コロナの影響で規模を大幅に縮小した昨年とおととしの3倍以上となる約3000人が参列、原爆が投下された午前8時15分に参列者全員で黙とうをささげた。

おすすめ記事:「核兵器禁止条約」初の締約国会議 日本政府はオブザーバー参加すら拒否

前日には「県原爆被爆者団体協議会」事務局次長の大中伸一さんのガイドで、平和公園周辺の遺構や石碑を巡った。語り部の方に説明していただくと、同じ物でもこれまでとは全く違った見え方をしてくるものだ。

夜の原爆ドーム

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ピックアップ記事

  1. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  2. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  3. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  4. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…
  5. 日本映画黄金期の松竹、日活、東宝、大映を渡り歩き、45年の短い生涯に51作品を残した異才・川島雄三(…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る