京橋駅空襲から77年 8月14日に被災者慰霊祭

太平洋戦争の終戦前日、米軍による最後の大阪大空襲で数百人もの命が奪われた「京橋駅空襲」。惨劇から77年を迎える8月14日午前11時から、被災者慰霊祭が大阪市城東区のJR京橋駅南口にある慰霊碑前で営まれる。(新聞うずみ火 矢野宏)

昨年営まれた京橋駅空襲被災者慰霊祭

1945年8月14日、米軍のB29爆撃機145機が来襲。大阪城公園内にあった東洋一の軍需工場と呼ばれた大阪砲兵工廠に650発もの爆弾を投下した。近くの国鉄京橋駅(現JR環状線京橋駅)にも数発の1トンが落とされ、駅舎が吹き飛んだ。死者は身元が確認できただけで210人、実際の犠牲者は500人とも600人とも言われている。

おすすめ記事:被爆77年の広島 夜明け前から祈る人たち…

戦後、京橋駅に慰霊塔が建立され、1955年から当時駅近くにあった妙見閣寺(同市旭区)が慰霊祭を営んできた。

68回目となる今年の慰霊祭は、新型コロナウイルスの感染防止のため椅子などを設けず、参列時間を分散させる措置をとるという。

 

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ピックアップ記事

  1. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  2. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  3. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  4. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…
  5. 日本映画黄金期の松竹、日活、東宝、大映を渡り歩き、45年の短い生涯に51作品を残した異才・川島雄三(…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る