フリージャーナリスト宮崎園子さん「被爆者・岡田恵美子さんの生涯」を語る

「『個』のひろしま 被爆者・岡田恵美子さんの生涯」(西日本出版社)から出版した元朝日新聞記者でフリージャーナリストの宮崎園子さんを講師に招き、「うずみ火講座」が8月13日、大阪市北区PLP会館で開講する。(新聞うずみ火 矢野宏)

 

岡田さんは国内外で広島での被爆体験を証言してきたが、昨年4月に死去。84歳だった。8歳の時、爆心地から2・8キロで被爆。建物疎開(火災が広がるのを防ぐため建物を取り壊して防火地帯を作ること)に動員された12歳の姉を失う。「性別もわからない、ザクロのように顔が裂けた人たちが火に追われ、『助けて』『水を』と訴えるのを見たが、怖くて誰一人助けなかった。今でも真っ赤な夕焼けを見ると、心で謝っている」

岡田さんは2000年から広島市の平和記念資料館の証言者として活動。15年にはノーベル平和賞の授賞式に被爆者代表として招かれた。

「核兵器廃絶を訴え続けてきた岡田さんの人生は『個』の広島の戦後史そのもの」と指摘する宮崎さんはこう訴える。「ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻で核兵器を使用すると発言したり、被爆国・日本の政治家が『核共有』を主張したりしているが、ひとたび核兵器を使ったらどうなるか。被爆者がどんな思いで戦後を生きてきたのか。岡田さんの生き様から何を学ぶべきか。ともに考えてみませんか」

次回うずみ火講座は8月13日

 

【日時】8月13日(土)午後2時半~

【会場】PLP会館4階会議室(JR環状線「天満駅」から徒歩5分、地下鉄堺筋線「扇町駅」から徒歩4分)

【資料代】1200円(読者1000円)、学生・障がい者700円

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ピックアップ記事

  1. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  2. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  3. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  4. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…
  5. 日本映画黄金期の松竹、日活、東宝、大映を渡り歩き、45年の短い生涯に51作品を残した異才・川島雄三(…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る