大阪市廃止 11月1日住民投票 重い選択 市民どう動く

政令指定都市の大阪市を廃止し四つの特別区に分割する、いわゆる「大阪都構想」の賛否を問う2度目の住民投票が告示され、大阪市内は11月1日の投開票に向け、激しい論戦が展開されている。各種世論調査では賛否は拮抗している。僅差で反対が上回った2015年5月の住民投票から5年。再び重い選択を迫られる市民の動きを追った。(新聞うずみ火編集部)

鐘や太鼓の軽快な「天神囃子」に乗せて、何十本ものピンクのプラカードが上下する。「大阪市廃止に反対」。大阪・ミナミの繁華街を東西に流れる道頓堀川で、告示後初の日曜日となった10月18日、「大阪都構想を考える市民の会」(綱島慶一会長)が企画した水上パレードが行われた。

参加した78人は湊町船着場から日本橋までの約1キロを2往復。スピーカーから天神祭りのお囃子や、「大阪市歌」(1921年制定)を流しながら、川沿いの遊歩道などを街歩きする人やすれ違う船の乗客に「大阪市を守ろう」と呼びかけた。

見た目にも楽しい、水都・大阪らしいアピール。市民の会の綱島会長は、告示目前の10日に御堂筋を700人が歩いた「大阪市反対を訴えるサイレントデモ」の実行委員長も務めた。

市民の会は4月に東住吉区の住民が結成。コロナ禍にもかかわらず、情報も不足したまま住民投票実施が現実味を帯びていくことを懸念、6月には延期と詳しい説明を求める要望書を大阪府知事や大阪市長、府議や市議に送った。8月には東住吉区で、元大阪市議の柳本顕さんを講師に迎え「『都構想』を考える集い」を開いた。

中立の立場で、賛否の意見を聞くため、維新市議にも出席を呼びかけたが断られた。

「大阪都構想」について自前で勉強会を重ねていく中で、綱島さんら市民の会は一つの結論にたどり着いたという。

「変えることは良うなることという期待感もわかるが、今回だけは違う。かつての橋下徹知事が言った『大阪市から権限とお金をむしり取る』、それが『都構想』の本質。読み・書き・そろばんができる人なら、みんな反対するはずや。読まないから賛成なんや」

水上パレードと同じころ、ミナミでは、大阪維新の会代表の松井一郎市長と代表代行の吉村洋文府知事、公明党の山口那津男代表がそろって街頭演説を行っていた。

公明党は5年前の住民投票で大阪市廃止に反対したが、今回は一転して賛成に。昨年春、府知事・市長を入れ替えるダブル選で圧勝した維新が、衆院選のすみ分け解消をちらつかせたためだ。

■丸投げの介護保険

水上パレードに参加した市民の中に元大阪市立大教授の木村収さん(84)=東住吉区=の姿があった。「道頓堀川から船で道頓堀の街を仰ぎ見るのは初めて。橋の上から手を振って賛同してくれる人たちに元気をもらいました」とほほ笑む木村さんは大阪市役所で財政局長などを歴任、退職後に研究者の道に進んだ。「都構想」の設計図である協定書を作成する「法定協議会」を37回すべて傍聴した市民の一人だ。

木村収さん=大阪市北区

 

「多数会派によるシナリオ通りの進行で、少数派の異論は法定協の目的に反するとして排除される、きわめて政治色の強いものでした」

こうして出来上がった協定書の中で、木村さんが問題視する一つが一部事務組合だ。

おすすめ記事:大阪カジノの是非を問う住民投票「門前払い」…二の矢は公費投入差し止め訴訟

市町村などが行政サービスの一部を共同で行うことを目的として設置する組織で、特別区同様に特別地方公共団体。協定書では150以上もの事務・事業を共同処理する例のない「マンモス一部事務組合」が生まれることになる。

1

2

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ピックアップ記事

  1. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  2. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  3. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  4. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…
  5. 日本映画黄金期の松竹、日活、東宝、大映を渡り歩き、45年の短い生涯に51作品を残した異才・川島雄三(…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る