在日外国人差別の実態を追った映画「ワタシハニンゲンダ!」 東京でも好評

技能実習生や難民申請者、入管収容者ら在日外国人差別の実態に迫ったドキュメンタリー映画「ワタシハニンゲンダ!」が好評につき、東京・アップリンク吉祥寺での上映期間が9月8日まで延長された。神戸では元町映画館で9月2日まで上映中。(新聞うずみ火編集部)

監督の高賛侑(コ・チャニュウ)さんは在日朝鮮人2世でノンフィクション作家。前作「アイたちの学校」(2019年制作)で朝鮮学校への差別問題に焦点を当て、国内外で大きな反響を呼んだ。

「マジョリティにこそ見てほしい」と高さん=大阪市生野区

 

本作品では、すべての在日外国人に対する差別政策の全貌を浮き彫りにする。人権侵害に苦しむ外国人の共通の叫び――「私たちは動物ではない。人間だ!」をタイトルにした。

当事者、支援者、弁護士らが生々しい証言をつなぐ。技能実習生がさらされる差別的な言動や暴力が記録された映像、入管内の暴言や暴行などの映像もある。支援団体や弁護士を通じ入管内の衝撃的な映像を入手したもので、未公開のものも含まれている。

おすすめ記事:在日外国人差別の実態に迫るドキュメンタリー映画「ワタシタチハニンゲンダ」

高さんは在日外国人に対する差別的処遇の経緯も描写。日本が朝鮮半島を植民地化した1910年にさかのぼり、法や制度がいかに作られてきたかを時系列でたどった。「(日本にいる外国人の処遇は)煮て食おうと焼いて食おうと自由」と法務省の参事官が記したのは65年。日本政府の排外主義はその後、ニューカマーにもo適用されていく。

高さんは「人権を守る闘いは当事者自身の運動が最も重要ですが、選挙権もないマイノリティーだけの闘いでは限界があります。マジョリティが参加してこそです」と話す。

アップリンク吉祥寺の残席情報・ご予約はこちらから。

ワタシタチハニンゲンダ!

 

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ピックアップ記事

  1. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  2. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  3. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  4. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…
  5. 日本映画黄金期の松竹、日活、東宝、大映を渡り歩き、45年の短い生涯に51作品を残した異才・川島雄三(…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る