人手不足にコロナが追い打ち 介護職の娘案じる母の手紙

「どうしても聞いていただきたくて書いています」。大阪市内に住む読者S子さん(59)から手紙が届いた。特別養護老人ホームで働いている長女(24)が新型コロナウイルスに感染したこと。人手不足の介護現場ゆえ、完治していないのに出勤を命じられたこと。集団感染が起きた介護施設で、身も心もくたくたになりながら入所者を介護する娘を案じる母親の苦悩などが便せん5枚にわたってつづられていた。コロナで機能不全に陥りやすい介護現場の現状を知っていただくため、紹介させていただく。(新聞うずみ火 矢野宏)

〈実は、娘が7月21日にコロナに感染しました。20日が夜勤(午後7時~翌朝7時)で、仕事に入る前に抗原検査をした結果は陰性。一緒に受けた看護師は陽性でした。ところが、夜勤をこなした翌21日に発熱し、咳、のどの痛みが出たため、PCR検査を受け、陽性が判明したのです〉

S子さんの長女が勤務する特別養護老人ホームは60人ほどが入所しており、ほとんどが認知症。介護職員は朝から晩まで、食事や入浴、排せつのケアなど、身体を寄せて行わなければできない仕事だ。2年前に話を聞いた時、こう語っていた。

「コロナに感染してしまうことより、誰かにうつしてしまうことが怖いです。ウイルスを施設に持ち込むとしたら職員です。一人でも感染者が出ると、入所者の命にかかわります」。それが現実となってしまった……。

おすすめ記事:「第6波 大阪コロナ死最多」繰り返す医療危機(1)保健所からの連絡は感染判明から1週間後

■陽性なのに出勤

〈当初、28、29の両日に抗原検査して陰性なら出勤するようにと言われていましたが、職場は勤務できる人が数人しかいなくて利用者もほとんど感染したため、いつもより仕事量が増え、最悪の状態だったようです。28日に検査した結果はまだ陽性で、咳も止まらず、鼻声でしたが、幸い平熱だったため、29日には出勤するよう命じられました。まだ治っていない体で12時間労働……。 いつもは気丈な娘が仕事を終えた後、泣きながら電話してきました。過酷な職場環境が恐ろしくなったと。利用者の部屋を出るたび、防護服、二重マスク、フェイスシールド、手袋を取り換えねばならず、自身も咳き込むので二重マスクをしていることで息苦しく、体力的にも「もう自分は死んでしまうのではないか」と思ったと言います。私は「よく頑張ったね」としか言えず、一緒に泣いていました〉

もしかしたら、まだ陽性かもしれないのに出勤を命じられ、翌30日には夜勤だった。

1

2

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ピックアップ記事

  1. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  2. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  3. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  4. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…
  5. 日本映画黄金期の松竹、日活、東宝、大映を渡り歩き、45年の短い生涯に51作品を残した異才・川島雄三(…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る