吉田茂氏国葬 佐藤栄作首相が衆院副議長に「社会党を説得せよ」

〈吉田元首相の死去に伴い佐藤首相は日程を繰上げ、21日サイゴンを訪問して南ベトナム首脳と会談したのち、同夜ただちに帰国するが、政府は首相の帰国を待って23日午前臨時閣議を開き、吉田氏の葬儀を国葬とすることを決める方針である。国葬について、政府、自民党は各党の意向を打診しているが、福田自民党幹事長によると、社会、公明両党はすでに異議がないとの態度であり、また民社党も党機関にはかるとしているものの、非公式には国葬に同意していると言われる〉(1967年10月21日付朝日新聞)

■社会党「意思表示しない」

この報道に驚いたのが「同じ社会党の河野密副委員長だった」と、平野さんは振り返る。

「河野氏は10月21日午後に山本書記長と会って『福田発言』の真意を問い、社会党の方針を協議しました。その後、山本氏は記者会見で『国葬について社会党は意思表示はしない』と述べ、個人的意見として『国葬にするならまず国会の議決を求めるべきだ。緊急の場合は議院運営委員会の議決でも良いと思う。いずれにしろ閣議決定だけで決めることは適当ではない』と、表面上取り繕ったのです」

その日、佐藤首相は外遊先から関係者に指示を飛ばす。「10月23日の閣議で、31日に国葬を行う決定をしたいので、それまでに野党の了解を取れ」

「吉田国葬」を命じた佐藤栄作元首相(1901-75)

 

政府は21日の協議で早くも国葬実施を内定した。

週明けの10月23日午前9時半から臨時閣議を開き、31日午後2時から日本武道館で吉田元首相の国葬を行うことを決定する。

おすすめ記事:安倍元首相銃撃 応急処置した医師は「一目で厳しいと思った」

閣議後、佐藤首相は記者会見を開き、追悼談話を発表した。

〈故吉田氏は敗戦直後のもっとも苦難にみちた時代にあって、7年有余の長きにわたり国政を担当され、強い祖国愛に根ざす民族への献身とすぐれた識見をもって、廃墟と飢餓の中にあった我が国を奇跡の復興へと導かれた。今日、国際社会におけるわが国の地位は著しく向上し、国民は平和と繁栄を享受しているが、その礎は、かの苦難の時代における同氏の不屈の信念とたぐいまれな英知によって築かれたといっても過言ではない〉

閣議に先立ち、社会党は国対委員会で「国葬はやむを得ず」との結論を出したことで、党内は大もめになる。午後から開かれた両院議員総会で、山本書記長が「内諾を与えたわけではない。政府がそうするなら関知しないというだけだ」と説明。柳田国対委員長も「これを前例とせず、今後の国葬の取り扱いは議院運営委員会で協議する」との方針を説明したが、多くの議員から「結果的に黙認と同じ」との批判が続出。勝間田清一委員長ら執行部は苦境に立たされたという。

それにしても、山本書記長と柳田国対委員長は、園田副議長の説得になぜ応じたのか。

 

1

2

関連記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ピックアップ記事

  1. 安倍元首相の国葬が27日午後、東京都千代田区の日本武道館で行われる。法的根拠がないまま閣議決定された…
  2. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  3. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  4. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  5. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る