佐藤栄作首相が命じた「吉田国葬」野党はなぜ反対できなかったのか

1967年10月20日、吉田茂元首相の死を訪問先のマニラで知らされた当時の佐藤栄作首相は、園田直衆院副議長に電話で『国葬とすべし』と命じた。さらに、「野党の了解を取れば、閣議決定でやれる。そのためには社会党を説得しろ。公明と民社党はそれで納得する」。野党第一党だった社会党の山本幸一書記長と柳田秀一国対委員長はなぜ、了承したのか。当時、園田氏の秘書だった平野貞夫さん(87)が裏話を語ってくれた。(新聞うずみ火 矢野宏)

平野さんは、1967年6月に亡くなった社会党の大物議員が影響していると打ち明けた。その議員とは横路節雄衆院議員。のちに衆議院議長、北海道知事をつとめる横路孝弘氏の父親だ。

「横路議員の死で、長男の孝弘氏ら家族が議員宿舎を出なければならなくなった。園田氏は柳田氏から『弔慰金(約450万円)の範囲で住宅を世話してほしい』と依頼されたのです。住宅公団が石神井団地(東京都練馬区)を売り出していたが、一般抽選では数百倍の倍率だったため、建設大臣の記者用特別枠で購入できるよう取り計らった。その恩義から山本書記長、柳田国対委員長とも、園田氏の『吉田国葬』説得を断れなかったのです」

佐藤首相が園田氏に告げた「社会党を説得すれば、公明と民社党は納得する」との言葉通りになった。

「社会党が反対できなかったのはある議員の死が影響している」と話す平野さん

 

吉田元首相の国葬は、皇族を含む6500人が参列して東京・日本武道館で営まれた。

国葬当日の弔意について、政府は「国民に一律に喪に服させることはできない」との立場を取ったが、国民はかなり制約を受けたという。

政府は各省庁で①弔旗掲揚②黙とう③当日午後は公務に支障がない範囲で職員が勤務しないことを認めることなどを閣議了解した。

おすすめ記事:「統一教会とは何か 安倍元首相暗殺事件の背景」有田芳生さん講演

学校や会社などにも哀悼の意を示すよう協力を要請した。国葬儀委員会は「それぞれの場所で1分間の黙とうをされることを期待します」と国民に呼びかけ、午後2時10分には街頭や駅のホームなどでサイレンが鳴らされ、黙とうを呼びかける放送が流された。

1

2

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ピックアップ記事

  1. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  2. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  3. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  4. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…
  5. 日本映画黄金期の松竹、日活、東宝、大映を渡り歩き、45年の短い生涯に51作品を残した異才・川島雄三(…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る