「沈黙は国を亡ぼす」「国に騙されるな」戦争の実相訴え続けた「元海軍兵、瀧本邦慶さんを偲ぶ会」5月28日に

戦争がいかに愚かなものかを訴え続けた元海軍兵、瀧本邦慶さん(享年97)を偲ぶ会が5月28日(土)午後2時から大阪市中央区北浜東のエル・おおさかで開かれる。昨年9月に開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大のために延期となっていた。瀧本さんの講演DVDを上映した後、取材した記者らが思い出を語り合う。

2017年3月、堺市内で講演した瀧本さん

 

瀧本さんは17歳で海軍を志願。空母「飛竜」に航空整備兵として乗り込み、真珠湾攻撃に参戦した。半年後のミッドウェー海戦で米軍機の銃弾を受けるなどしたが、九死に一生を得て帰還。ミッドウェー海戦で生き残った兵士は一つの病棟に隔離された。空母4隻が沈没したことは国家機密だったからだ。口封じだったのか、瀧本さんは最前線のトラック島へ送られた。連日の空爆、補給を絶たれて餓死寸前まで追い込まれた。

1

2

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る