「在日コリアンが不法占拠している」フェイクニュース信じて犯行に及んだ22歳

京都府宇治市のウトロ地区で起きた放火事件。非現住建造物等放火罪に問われた22歳の有本匠吾被告は濃いグレーのスーツ姿で入廷した。髪は肩まで伸び、きゃしゃな体ながら犯行は大胆不敵。ライター用のオイルを使用した発火装置を1週間かけて作り、犯行に及んだという。(新聞うずみ火 栗原佳子)

裁判の争点は、放火事件が人種差別目的のヘイトクライム(憎悪犯罪)と認定され、差別的動機が量刑に反映されるかどうか。国内では16年にヘイトスピーチ解消法が施行されたが、罰則のない理念法にとどまっている。

 

初公判後、ウトロ地区の住民側の弁護団が記者会見を開いた。弁護団長の豊福誠二弁護士は「人種差別に起因する犯罪は量刑を重くするのが国際的なスタンダード。ヘイトクライムを適切に処罰する法律は日本にないが、被告は動機を語っている。裁判所は事実認定をして、人種差別を認めた場合には、量刑判断の情状としてほしい」と期待を込めた。ウトロ平和祈念館を運営する「ウトロ民間基金財団」の郭辰雄理事長は「平穏な日常が突然、放火という重大犯罪によって崩された。『悪感情』という言葉には違和感がある。事件を引き起こしたのは在日コリアンへの差別感情。属性によりいつ理不尽な被害を受けるかもしれない現実を、司法の場で明らかにしてほしい」と話した。

 

被告はウトロ地区を「不法占拠」とするネット情報を信じ、犯行後も注目を期待した。龍谷大学の金尚均教授(刑法)は「いわゆるフェイクニュースがヘイトスピーチにつながり、ヘイトクライムにつながった事案」と指摘した。

開館した平和祈念館ではGW期間中、歌や踊りなどイベントが行われた。広場にはウトロの原型「飯場」を移設。1階はホールで、2階展示室には歴史を伝えるパネルや生活雑貨、住民がデモや座り込みで抵抗する写真がある。  館長で「ウトロを守る会」代表の田川明子さんは事件にも触れ、こう話した。「ウトロは戦争で生まれた街だから発信するのは平和。出会えば分かり合える。彼はネットの世界で妄想を膨らませていたのかな。実際にウトロの人たちと会っていたら、こんなことをしなかったかもしれない」

 

次回公判は6月7日。被告人質問などが行われる。

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る