「維新に対抗するにはファクトに基づく批判を」ノンフィクションライターの松本創さん講演

大阪維新はなぜ強いのか。関西メディアだけの責任なのか――。清潔な堺市政を取り戻す市民1000人委員会主催の市政チェック学習会が5月4日、堺市堺区のサンスクエアホールであり、「誰が『橋下徹』をつくったか」の著書でノンフィクションライターの松本創さんが「維新を勝たせる心理と論理」と題して講演した。維新に対抗するための課題として、松本さんは「主張や理念ではなくファクトに基づく批判を」と訴えた。(新聞うずみ火 矢野宏)

維新をめぐる在版メディアの問題について、松本さんは「読売新聞大阪本社と大阪府との包括連携協定」と「毎日放送のトーク番組に、日本維新の会を創設した橋下徹氏と現代表の松井一郎大阪市長、副代表の吉村洋文大阪府知事がそろって出演した問題」を取り上げ、それらの背景に「新聞の発行部数が激減していることとテレビの若者離れがある」と指摘。「権力にすり寄る強者への迎合とともに、ジャーナリズム意識の希薄化があるのではないか」と投げかけた。
「吉村人気」に象徴されるような維新報道、とりわけ在版テレビ局の問題は根深いとしながらも、松本さんは「維新人気はメディアの産物という説明はわかりやすいが、多様で複雑な問題を単純化し、原因を一カ所に求めることはかえって本質や構造を見えなくし、危険である」と訴えた。
維新が躍進した昨年の衆院選で、松本さんは維新支持者の声に耳を傾けている。
「私たちと同じ目線・感覚で話してくれる。具体的でわかりやすい」(40代女性)
「身を切る改革に共感。維新は言うだけじゃなく実行している」(70代男性)
「以前は立憲民主に投票したが、反対ばかりで嫌になった」(50代主婦)
こうした声の裏側には維新の実績があると、松本さんは見ている。

「文書交通費などの既得権益批判、私学無償化や給食導入など身近な改革、府下の首長17人と地方議員242人を選挙に総動員するなど組織の足腰の強さがあるなど、大阪の政治行政を10年にわたって握ってきた強みだ」
また、松本さんは関西大の坂本治也教授の「政党イメージ」調査と分析を紹介し、「驚いたことに『経済的弱者の味方になってくれるのは』との問いかけに対し、維新が12・2%でトップ、共産11・2%、自民10・2%でした。『一般人の感覚に近いのは』でも維新22・3%、自民12・0%、公明7・0%だったのです」
維新に対抗するための課題として、松本さんは「コロナ禍や万博後を見据えた長期的社会像を示すこと。今ある組織や構造を単に『守る』だけでなく、より良い方向へ『変える』構想も必要ではないか。来年春の大阪府知事・市長・府議会・市議会の一角を崩すこと。賛成3割、反対3割とすれば、その中間に4割の無党派・態度未定層がいる。世論を動かすには、その層に主張や理念ではなく、ファクトで働きかけることが大事ではないか」と訴えた。

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る