「朝日新聞を撃ち、言論の自由を撃ち、憲法を撃った」朝日新聞阪神支局銃撃事件から35年

兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局が襲撃され、記者2人が死傷した事件から5月3日で35年。支局1階には祭壇が設けられ、関係者や市民らが凶弾に倒れた小尻知博記者(当時29)の遺影に手を合わしていた。今年も新型コロナウイルス対応のため記帳台は設けず、3階の襲撃事件資料室の一般開放も見送られた。(新聞うずみ火 矢野宏)

事件は1987年5月3日夜に発生。目出し帽をかぶった男が侵入して無言のまま散弾銃を発砲し、小尻記者が死亡、犬飼兵衛記者(当時42、2018年に死去)が重傷を負った。

「赤報隊」を名乗る犯行声明が通信社に届いたのは、事件から3日後のこと。声明文には、1月に東京本社の窓に散弾銃が撃ち込まれた事件も自らの犯行だとし、「警告文」を無視されたとして「天罰をくわえる」と記されていた。

87年9月には名古屋本社の社員寮に散弾銃が撃ち込まれた。通信社に届いた声明文には「反日朝日は 五十年前にかえれ」と書かれていた。50年前とは37年で、日中戦争が始まった年だった。

さらに、翌88年3月には静岡支局で時限式爆弾が仕掛けられる事件が発生。これを含めて一連の朝日新聞襲撃事件が「広域重要事件116号」に指定されたが、いずれも未解決のまま2003年3月にすべての事件で時効が成立した。

参考記事:大阪で「不自由展」開催 「表現の自由守れた」

2000年7月に亡くなったジャーナリストの黒田清さんは生前、阪神支局襲撃事件について「あの銃弾は朝日新聞を撃ち、言論の自由を撃ち、憲法を撃ったのだ」と語り、「平和憲法があるだけで安心してはいけない。守る努力をしなくてはいけない」と訴えていた。あれから35年、改憲への流れはますます加速している。

関連記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ピックアップ記事

  1. 安倍元首相の国葬が27日午後、東京都千代田区の日本武道館で行われる。法的根拠がないまま閣議決定された…
  2. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  3. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  4. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  5. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る