「大阪IRは『都構想』の総仕上げ」それが維新の本音 大阪IR国に認定申請(下)

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)について、国は4月27日に大阪府と長崎県の区域整備計画を受理した。焦点は国の審査に移ったが、大阪府が申請した区域整備計画の中身はあまりにも杜撰だ。(新聞うずみ火 矢野宏、栗原佳子)

区域整備計画は2019年の基本構想と比べて、IR施設の総床面積が100万平方メートルから77万平方メートルに削減され、展示場も10万平方メートルから2万平方メートルに縮小された。「夢洲の都市計画変更を考える市民懇談会」事務局長の武田かおりさんは「世界最高水準どころか築40年近いインテックス大阪(7万平方メートル)と比べても3分の1以下」とあきれる。

一方で、年間の経済波及効果は約7600億円から約1兆1400億円に好転。年間収入見込み額は約700億円から約1060億円(府・市で折半)、年間来場者数も約1500万人から約2000万人に増えた。コロナ前のUSJの年間来場者数(約1450万人)の1・4倍だ。

楽観の根拠を武田さんが市に尋ねると「事業者がそう言っている」というあいまいな答えだった。

「事業者は基本協定でいつでも撤退可能なのに、府と市には訴訟・賠償リスクが発生する不平等な内容。MGMは実際、ベトナムで開業直前に撤退したことがありました」

IR誘致を表明していた和歌山県で4月20日、県議会が区域整備計画を反対多数で否決。和歌山へのIR誘致は頓挫したことで、候補地は大阪と長崎の2カ所に絞られた。

参考記事:「大阪市は史上最大の財政リスクを抱える」大阪IR国に認定申請(上)

大阪では17年にIR推進局、20年に大阪港湾局、21年には大阪都市計画局、万博推進局と府と市の共同組織が設置され、広域一元化条例も成立した。森さんはこう指摘する。

夢洲整備について話す森さん=大阪府茨木市

 

「IRの主体は府と大阪IR株式会社で、市は土地を提供し、金を出すだけの存在に成り下がる。現在、市の財政局長、財政部長、経済戦略局長など財政、経済部局のトップは府職員が占め、公共事業や財政、経済政策などは事実上、府の支配下にあります。維新にとってIRは、市民に2度否定された『大阪都構想』の総仕上げなのです」(終)

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る