「カジノ・夢洲整備で大阪は破たんする」うずみ火講座は5月7日(土)

次回のうずみ火講座は5月7日(土)午後2時半~PLP会館で開講します。

講師は立命館大教授の森裕之さん、演題は「カジノ・夢洲整備で大阪は破たんする」。

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致に向けて、大阪府は「区域整備計画」を国に申請し、受理されました。国の判断を待つばかりとなりましたが、巨額の公費負担をはじめ様々なリスクが浮上しています。

夢洲整備について話す森さん=大阪府茨木市

 

IRの基本協定書を精査した森さんは「どれだけの税金がむしり取られるかわからない」と警鐘を鳴らしています。

まだ誘致を止めることは可能です。あきらめずに声を上げましょう。

資料代は読者1000円、一般1200円、オンライン視聴500円。

問い合わせは、新聞うずみ火まで。uzumibi@lake.ocn.ne.jp

当日、YouTubeで配信します。希望される方は「うずみ火商店」のホームページからお申し込みください。

お申し込みのメールアドレスに参加URLをお送りします。

その日、その時間でなくても視聴できます。

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る