ロシアのウクライナ侵攻で遠のく北方領土問題(下)

「最近、テレビを見てたら、覚えのあるロシア語やウクライナ語がよく出てくる」とは根室市の長谷川ヨイさん(88)。択捉島の出身。「アザラシを男の人がこん棒持って殴り殺して獲ってくる。おいしい肉だったわ。特に掌がおいしいの」と懐かしむ。

ソ連軍の侵攻後は将校の妻が、当時小学5年生だったヨイさんを可愛がってくれた。

「よく家に遊びに行きました。熊が出るところを歩く時は、夫婦が守ってくれました。日本に強制送還されるとき、私を抱きしめて泣いた彼女はウクライナ人でした」

当時20歳過ぎで、生きていても100歳近い。ウクライナにいるのかもわからない。それでも長谷川さんは「心配でたまりません。何とか助けたい」と話していた。

野付半島の根元、標津町に住む福沢英雄さん(81)。引き上げ後、小学校職員を退職し、NHK通信員の後、北海道新聞の通信員。今も現役だ。

福沢さんは多楽島の出身。

「小さな島だが良質の昆布などに恵まれ、人口密度は北方4島で一番高かった」

自宅で多くの写真を見せてくれた。ビザなし交流などで16回も島を訪問し、島のロシア人を何度も自宅に泊めた。

「踊りや歌が好きで楽しい人たち。お土産のマトリョーシカは家に置き切れないほどです」

1945年夏、大きな黒い船がやってきた。

「3人の兵隊が土足で上がってきた。いらだち、両親にわめき出した。5歳の私は怖くて母親にしがみついていました」

恐怖から始まった福沢さんの「ロシア体験」。後年、せっかくロシア人と親しくなりながら、ウクライナ侵攻の無慈悲な姿を見せられる今、複雑な思いでいる。

知床半島付け根の羅臼町へ車を走らせた。薄曇りだったが雪景色の国後島が見えた。

「国後展望台」に来てくれたのが千島連盟の脇紀美夫理事長(80)。元羅臼町長の脇さんは国後島で戦後、3年近くロシア人と混住した。

「国後や択捉の人の強制送還は遅かった。ロシア人の子供と石蹴りなんかして遊んでいました」

参考記事:ロシアのウクライナ侵攻で遠のく北方領土問題(中)

北海道へ引き上げたのは小学1年の時。脇さんは経済優先の安倍外交に疑問を抱いていた。「元島民の土地の上でロシアと経済活動するとはどういうことか。旧漁業権も残置財産の補償もされていないのに」といぶかる。

そして「ロシアとは2年や3年は交渉もできない。10年も経てば島民一世は誰もいなくなる。北方領土返還運動が元島民だけのテーマのようになっていることがおかしい。国土が奪われたのです」と訴えている。

停滞を余儀なくされた平和条約交渉。この間にじっくりと交渉術も練り直すべきだ。

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る