ロシアのウクライナ侵攻で遠のく北方領土問題(中)

角鹿(つのか)泰司さん(81)は歯舞群島の勇留(ゆり)島の出身。

「ソ連兵が来て姉たちはドックに隠れた。脱出しようとした父の船は丸太からずり落ちて動けず、知り合いの船で脱出しました」

1980年代には日ソ漁業交渉にも参加した。

「私は『日本は糸に針をつけて魚を獲るが、ソ連は底引き網でごそっとやるから資源が枯渇する』と言うと、ソ連側の代表に『針には強い魚が先に食いつく。それらを日本が取ってしまうから資源が枯渇する』と反論された」と振り返る。

「ラブロフ外相が『戦争で勝ったから我々の土地』と言った。その考えでウクライナを攻めているのか。ロシアの本音ならどうしようもない」と語る角鹿さんは「年をとっても、なかなか元島民の平均年齢に追いつかない」と笑う。

元島民一世の平均年齢は86・7歳で、5500人を切った。

64年から戦後、ソ連側が「人道的配慮」と元島民に墓参だけを認め、故郷の島での墓参りだけ許可された。

色丹島から引き上げ、根室市で水産加工会社を経営する得能宏さん(88)は「墓参は最初、色丹島と歯舞群島だけでしたが、徐々に国後島や択捉にも行けるようになった」。

しかし、ビザを要求されたため、76年から10年間中断、再開は86年の夏だった。

その頃、ソ連にはゴルバチョフ大統領が登場、91年暮れにソ連が崩壊し、日露の雪解けは進み92年にビザなし交流が始まる。「墓参ではロシア人との付き合いは全くなかったが、ビザなし交流で付き合いも始まりました」と話す得能さんには、色丹島に「ロシア人の息子」がいる。イーゴリ・トマソンさん。奥さんはオクサナさんだ。

2017年の自由訪問で2人から「この島で生まれた日本人と友人になりたい」と言われた得能さん。

「私の次男とイーゴリの年齢が近く、親子になろうとなったんです」

ウクライナ侵攻後、サハリンのテレビ局が色丹島を訪れた際、通訳がイーゴリさんに会い連絡が入る。

「テレビ局を通じて会話できたが戦争の話は避け、遠くないうちにきっと会えるからと話しました」

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る