「ゴジラ和歌山上陸・宝田明さんと考えた『平和』」ゴジラも被害者 俳優・宝田明さんを悼む(3)

宝田明

講演の中で、宝田さんは映画「ゴジラ」の撮影を終え、試写会を見て泣いたという。(新聞うずみ火 高橋宏)

宝田さんと交わしたゴジラ談義の中で、私が強く印象に残っているエピソードがある。

映画が完成して行われた試写会を見終わった宝田さんは、ワンワン泣いてしまったというのだ。

人類の脅威として描かれたゴジラだったが、彼もまた被曝者として悲しい運命を背負っていると感じた宝田さんは、最後にオキシジェン・デストロイヤーによって白骨となって海の藻屑と沈んでいく姿に、同情を禁じ得なかったそうだ。

きっと宝田さんはロシアに対する憎悪を、長い時間をかけて乗り越えようとしていたのではなかったか。

1

2

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る