「ゴジラ和歌山上陸・宝田明さんと考えた『平和』」ゴジラも被害者 俳優・宝田明さんを悼む(3)

宝田明

講演の中で、宝田さんは映画「ゴジラ」の撮影を終え、試写会を見て泣いたという。(新聞うずみ火 高橋宏)

宝田さんと交わしたゴジラ談義の中で、私が強く印象に残っているエピソードがある。

映画が完成して行われた試写会を見終わった宝田さんは、ワンワン泣いてしまったというのだ。

人類の脅威として描かれたゴジラだったが、彼もまた被曝者として悲しい運命を背負っていると感じた宝田さんは、最後にオキシジェン・デストロイヤーによって白骨となって海の藻屑と沈んでいく姿に、同情を禁じ得なかったそうだ。

きっと宝田さんはロシアに対する憎悪を、長い時間をかけて乗り越えようとしていたのではなかったか。

1

2

関連記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ピックアップ記事

  1. 安倍元首相の国葬が27日午後、東京都千代田区の日本武道館で行われる。法的根拠がないまま閣議決定された…
  2. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  3. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  4. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  5. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る