「ゴジラ和歌山上陸・宝田明さんと考えた『平和』」俳優・宝田明さんを悼む(2)「ロシアへの忌避感」

宝田明さん

。(新聞うずみ火 高橋宏)2019年夏に実現した宝田さんの講演会「ゴジラ和歌山上陸・宝田明さんと考える『平和』~これまでとこれからと」。宝田さんは自身の体験を語り始めた……

宝田さんは1934(昭和9)年、朝鮮の清津(チョンジン)で生まれた。

父親が南満州鉄道に転勤したことをきっかけに、2歳の時に一家で満州に移住した。そして小学2年生の時にハルピンに落ち着く。そこで敗戦を迎えるのだが、映画や舞台での華やかな姿からは想像もつかない壮絶な経験をする。

ソ連(当時)が「日ソ中立条約」を一方的に破棄し、満州と南樺太(当時)国境に大軍を送って侵犯したのが45年8月8日。

15日の敗戦以降、ハルピンはソ連兵のやりたい放題だった。11歳の宝田少年は、日本人女性が凌辱されるなどの悲惨な状況を目の当たりにする。

そしてある日、運悪くソ連兵の銃撃に遭ってわき腹を撃たれてしまう。病院も機能してない状況で元軍医が行った手術は、麻酔もせずに裁縫用の裁ちばさみを焼いて消毒し、それで傷口を切って銃弾を取り出すというものだった。

1

2

関連記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ピックアップ記事

  1. 安倍元首相の国葬が27日午後、東京都千代田区の日本武道館で行われる。法的根拠がないまま閣議決定された…
  2. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  3. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  4. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  5. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る