大阪城に残る軍事遺産(番外編)軍部や政財界、言論界が国威発揚に一役「大村益次郎殉難碑」

大阪城

「軍都」大阪の中心だった大阪城の周りを歩いて見つけた「番外編」。(新聞うずみ火 矢野宏)

大阪市中央区法円坂の国立病院機構大阪医療センター近くの上町交差点に、ひときわ大きな石碑がある。高さ10メートルほどい石碑に刻まれた文字は「兵部大輔大村益次郎卿殉難報國之碑」の16文字。明治兵制の創始者、大村益次郎(1824~69)の殉難碑である。

大村は幕末期の長州藩の医師で、兵学者。緒方洪庵の適塾で学び、塾頭を務めている。戊辰戦争で長州藩の軍を指揮、1869(明治2)年には兵部大輔(ひょうぶだいゆう)に任ぜられ、近代陸軍兵制の確立に努力した。大村は大阪城近くに兵学寮(士官学校)と造兵廠(大阪砲兵工廠)を設置し、大阪を「軍都」にする構想を持っていた。

69年9月に京都で不平士族に襲われ、右足に重傷を負った。大阪の「浪華仮病院」(後の大阪大医学部)に転院、右脚切断の手術を受けたが、11月に敗血症のため死亡した。その病院があった近くに碑が建てられたという。

1

2

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る