「せめて一日早く戦争が終わっていれば…」京橋駅爆撃被災者慰霊碑 大阪城に残る軍事遺産(2)

京都ミニ―ツアー「まいまい京都」が主催する「大阪城に残る軍事遺産」ツアーに参加した20人はJR京橋駅南口改札前に集合。「京橋駅爆撃被災者慰霊碑」前で、武庫川女子大名誉教授の三宅宏司さん(77)から説明を受けた。私は毎年8月14日の慰霊祭に訪れており、これまで体験者に取材した話を思い浮かべていた。(新聞うずみ火 矢野宏)

国鉄京橋駅(現JR京橋駅)は、大阪砲兵工廠の北側に隣接していた。当時、空襲警報が発令されると、列車は最寄りの駅で停車することになっていた。
終戦前日の1945(昭和20)年8月14日正午過ぎ、国鉄城東線(現大阪環状線)の上下2本の電車は京橋駅に緊急停車、あわせて1000人近い乗客が駅に設置された防空壕へ駆け込もうとした。だが、すでに満杯状態で、あふれた乗客らが城東線の下側を走る片町線のホームに避難したところ、1発の1㌧爆弾が直撃した。
2017年夏、当時87歳だった男性から京橋駅の惨状を聞いた。

大阪市城東区の安本恒次良さんは当時15歳。疎開先の兵庫県福知山市から実家に帰宅する最中だった。1本前の電車で京橋駅に下車したため、駅の防空壕に避難できた。
「防空壕の中は20人ぐらいがぎゅうぎゅうに身を寄せ合っていました。近くに爆弾が落ちるたびに、『ドドーン』という爆音がひっきりなしに続き、大きな地震のように激しく揺れ、何度ももうダメだと思いました」

1

2 3

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る