自宅が全焼! どん底から這い上がった家族のドキュメンタリー映画「焼け跡クロニクル」

焼け跡クロニクル

我が家が全焼した映画監督の原將人さん(71)一家が再び立ち上がるまでの日々を自ら記録したドキュメンタリー映画「焼け跡クロニクル」。わずかに生き残った8ミリフィルムとスマートフォンやタブレット端末で撮影したデジタル映像を組み合わせ、喪失を再生へと変えた家族の年代記(クロニクル)だ。(新聞うずみ火 栗原佳子)

「20世紀ノスタルジア」などの作品で知られる原さん。2018年7月、京都・西陣の路地裏にあった自宅から出火した。漏電の可能性が高いという。

最初に気づいたのは原さんだった。「1階で仕事をしていると、上でミシミシと音がしました。古い家なのでイタチが出るのです。2階にあがると、炎の子供たちが輪になってダンスをしていました」

とっさに布団をかぶせたが、火の勢いは止まらなかった。

大学生の長男、5歳の双子の女児を避難させ、編集中の作品の救出に取って返した。パソコンとハードディスクを持ち出したが、顔や首、腕に大やけどを負い救急搬送された。

1年後、原さんは「焼け跡ダイアリー」と題した作品をまとめた。だが、深い喪失感に苛まれた原さんの精神状態を映すかのように、重い色調だった。そんな原さんに、妻のまおりさん(49)は「もう1本作ってほしい」と提案した。

出火直後、仕事先から駆けつけたまおりさんは、火災や直後の避難生活をスマホで撮影していた。辛くて向き合えなかったが、思い切って再生すると、懸命に前に進もうとする子供たちも映っていた。

「この映像で私も救われました。辛かった記憶を家族で共有し再生する映画を作りたいと思いました」とまおりさん。同じように被災した人にも届けたいという。「再生できることを知ってほしい」と。

関西ではシネリーブル梅田、京都みなみ会館、アップリンク京都で上映中。

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る