防衛ジャーナリスト半田滋さんに聞く「戦争終結」ロシアのウクライナ侵攻1カ月(3)

半田

防衛ジャーナリストの半田滋さんは東京新聞記者時代、防衛や軍事を30年に渡って取材してきた。ロシア侵攻について、「プーチン大統領は2010年に出した『軍事ドクトリン』で『NATOはロシアにとっての安全保障上の脅威』だと明言していた」と指摘する。(新聞うずみ火 矢野宏)

「NATOは冷戦時代、西側諸国がソ連の脅威に対抗するためにつくった軍事同盟。冷戦が終わった1991年、ソ連の崩壊とともに解散すべきだったのに、NATOと対立するワルシャワ条約機構に加盟していた東欧諸国やソ連を構成していたバルト3国などが加わった。2014年にはウクライナで革命が起こり、親欧米政権が成立。19年に就任したゼレンスキー大統領はNATO加盟を公約に掲げ、憲法にも努力目標として書き込んだ。ロシアから見れば、ウクライナのNATO加盟は秒読みに見えた。ウクライナが加盟した後に攻めればNATO軍との全面戦争になる。その前に、とプーチン大統領は考えたのでしょう」

ロシアにしてみれば、アメリカとの関係においても、弾道弾迎撃ミサイル制限条約(ABM条約)、中距離核戦略全廃条約(INF条約)と、旧ソ連時代に結んだ軍縮条約を次々と反故にされている事実も見逃せないという。

「そこにNATOの東方進出との『二段構え』で脅かされているという思いがあったのかもしれません」

ロシア軍撤退を求める声は広がっているが、戦争の終結は可能なのか。

参考記事:大阪日ロ協会理事長「プーチン大統領の誤算とは」ロシアのウクライナ侵攻1カ月(2)

「ロシアはウクライナの『非軍事化・中立化』を求めているが、プーチン大統領の狙いはウクライナに傀儡政権を作ることでしょうから、ゼレンスキー政権が倒れるか、経済制裁などでロシア国内でのプーチン退陣を求める声が高まり政権崩壊するか、そのどちらでしか戦争は終結しないのではないでしょうか」

 

関連記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ピックアップ記事

  1. 安倍元首相の国葬が27日午後、東京都千代田区の日本武道館で行われる。法的根拠がないまま閣議決定された…
  2. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  3. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  4. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  5. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る