大阪日ロ協会理事長「プーチン大統領の誤算とは」ロシアのウクライナ侵攻1カ月(2)

阪大名誉教授の藤本和貴夫さんはロシア史専門で、大阪日ロ協会理事長。「なぜ、ロシアはウクライナに侵攻したのか」「プーチン大統領の誤算」について話を伺った。(新聞うずみ火 矢野宏)

大阪日ロ協会は3月5日、ロシア政府に対し、戦闘の即時中止と軍の撤退、対話と交渉による問題解決を求めて緊急決議を採択した。

ロシアのウクライナ侵攻は紛争の平和的解決という国際社会の原則を踏みにじるものであり、「とうてい許容されるものではありません」と指摘したうえで、こう訴えている。

「ウクライナやロシアに暮らす人々の長年の友人として、現在、ウクライナで多くの市民が銃火の下で生命の危機にさらされている事態を看過することはできません。一刻も早い平和の回復を望みます」

なぜ、ロシアのプーチン大統領は侵攻に踏み切ったのか。

侵攻当日、プーチン大統領はロシア国民に向けてこう語りかけている。

「アメリカやその同盟諸国と、ヨーロッパの安全保障の原則とNATO(北大西洋条約機構)不拡大について合意を試みた。すべては無駄だった。われわれの国境に隣接する地域での軍事開発を許すなら、ロシアにとって絶対に受け入れられない脅威をつくり出すだろう。これはロシア封じ込め政策である」と主張し、こう告げている。

「何度も言ってきた、レッドラインなのだ。彼らはそれを越えた」と。

藤本さんは、「この演説は『アメリカとその同盟国』に向けたものであることは明白です」と指摘する。

ただ、プーチン大統領にとっての誤算は、ウクライナの強力な抵抗だという。ウクライナのゼレンスキー大統領は国内にとどまって国民に徹底抗戦を呼びかけ、SNSを通じて国際世論を味方につけようとしている。

もう一つの誤算はロシア国内の反対運動の広がりだとも。

「侵攻を知った市民は多くの都市で戦争反対を意思表示するため街頭に出ています。新聞やテレビは政府の影響下にあるため、その様子はSNSなどを通じて世界に広がっています。その中で、ロシアの退役軍人団体『全ロシア将校協会』が1月31日、ホームページに掲載した書簡で『もし戦争開始が決定されているなら、変更すべきだ』と戦争の中止を訴え、大統領の退任を要求していたのです」

関連記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ピックアップ記事

  1. 安倍元首相の国葬が27日午後、東京都千代田区の日本武道館で行われる。法的根拠がないまま閣議決定された…
  2. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  3. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  4. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  5. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る