ロシアのウクライナ侵攻 戦場となった原発(中)高まる原発事故のリスク

福島県の浪江町

ウクライナと聞けば、記憶に刻まれている地名にチェルノブイリがある。旧ソ連時代の1986年、チェルノブイリ原発4号機が核暴走を起こし、放射能で世界中を汚染した。福島第一原発事故が起こる前は、史上最悪の原発事故と言われていた。今は稼働していないものの、ここには事故炉に加えて使用済み燃料が保管されている。そのチェルノブイリ原発が、ロシア軍に占拠されたのだ。(新聞うずみ火編集委員 高橋宏)

さらに、ヨーロッパ最大級のザポロジエ原発(百万キロワット級の原子炉6基)が、ロシア軍に制圧される。原子炉を直接攻撃したわけではないが、稼働中の原発に砲撃が加えられたのは史上初だ。幸い、チェルノブイリもザポロジエも重大事故には至っていないが、原発が戦場となっているのである。原発だけではない。ハリコフの原子力研究施設もロシア軍の攻撃を受け、ウクライナ政府によれば施設の一部が損壊したという。

ニュース映像で映し出されるウクライナの避難民の姿は、11年前の福島からの避難民とぴったり重なる。大地震と大津波の被害から逃れる人々は、目に見えない放射能の危険にさらされながら、さらに過酷な苦痛を負わされた。ウクライナの人々もまた、戦火に見舞われたことに加え、原発事故の恐怖におびえなければならないからだ。戦闘が長引けば、原発を保守する人間の疲労も増すはずで、事故のリスクはどんどん上がっていく。万が一、重大事故が起こり、放射能が拡散してしまったら、避難民は帰るべき故郷を失ってしまうのだ。

プーチン大統領が今回の侵略を正当化する理由の一つに「ウクライナが核兵器の保有を意図している」ということがある。原発を稼働し続け、ウラン濃縮工場を持ち、再処理工場を建設し、46トン余りのプルトニウムを保有している日本にも、同様の口実が成り立つことを私たちは忘れてはならない。そして、原発への攻撃は核兵器と同等の被害をもたらすことも……。

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る