現代映す老夫婦の日々 映画「ぼけますから、よろしくお願いいたします。~おかえり お母さん」3月25日から全国公開

映像ディレクター信友直子さん(60)のドキュメンタリー映画「ぼけますから、よろしくお願いいたします。~おかえり お母さん」が3月25日から全国公開される。2018年に公開され20万人以上を動員したヒット作「ぼけますから、よろしくお願いいたします。」の続編。前作で取り上げた父と母の老老介護の日々を、一人娘である信友さんのカメラで丹念に追った記録だ。(新聞うずみ火 栗原佳子)

信友さんは広島県呉市出身。東京から実家に帰るたび、年を重ねていく両親の日常をホームビデオで撮影していたという。そんな中、少しずつ母の文子さんに認知症の症状があらわれ、父の良則さんは介護と家事を担うようになっていく。2人暮らしの両親を描いた前作は、認知症や老老介護という現代社会を投影し、幅広い世代に共感を呼んだ。

呉での公開を目前にした18年9月、89歳の文子さんが脳梗塞で倒れた。毎日手押し車を押し1時間かけて面会に通い97歳にして筋トレを始めた良則さん。文子さんも懸命にリハビリに励むが、3カ月後、新たな脳梗塞が見つかり寝たきりに。新型コロナで面会もままならない中、延命治療や看取りに向き合う家族の姿を描き出す。

実の娘としての立場とドキュメンタリー監督という二つの立場で葛藤しながらの撮影だったともいう。「自分の大切な人のことを思いながら観てほしいです。その人との絆をより深める手助けになれば」

関西では4月1日からテアトル梅田シネマート心斎橋などで上映。

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る