第1次大阪大空襲から77年の3月13日、朝鮮半島出身者の空襲犠牲者追悼集会

太平洋戦争末期の第1次大阪大空襲から77年の3月13日、朝鮮人犠牲者を追悼する市民集会が大阪市北区のPLP会館で開催される。これまでに判明した166人の犠牲者の氏名を記した名簿を祭壇に置き、黙とうをささげる。(新聞うずみ火 矢野宏)

 

大阪への空襲は1944年12月19日から敗戦前日の45年8月14日まで50回を超え、1万5000人以上が亡くなったと言われているが、朝鮮半島出身者の犠牲者数は今もわからない。

 

朝鮮人犠牲者を追悼するための調査を行っている「大阪空襲被災者運動資料研究会」(代表、横山篤夫さん)によると、旧陸海軍関係文書の「内地在住朝鮮人戦災者概数」(1945年9月作成)の中に「朝鮮人戦災者は府全体の8・19%に当たる」という記述があり、少なくとも1200人が犠牲になったと推定される。大阪国際平和センター(ピースおおさか)が管理する死没者名簿には9000人余りの名前が記されているが、朝鮮人の多くが「創氏改名」による日本名(通名)で記載されているため、名前の判明は困難を極めている。専門家の分析や文献の照合などで、166人を朝鮮半島出身者と特定した。

最後の大空襲で破壊をまぬがれた大阪砲兵工廠の化学分析場

 

追悼集会は「大阪空襲75年朝鮮人犠牲者追悼集会実行委員会」(大空朝=だいくうちょう)の主催。午後2時から追悼セレモニーが行われ、関西大非常勤講師の塚崎昌之さんが大空朝で作成したカラー冊子「大阪空襲と朝鮮人 そして強制連行」発刊について説明する。

 

大空朝の活動報告のあと、6月7日の第3次大阪大空襲で1トン爆弾の直撃を受け、母と兄、妹と弟を亡くした鄭末鮮(チョン・マルソン)さん(89)=滋賀県野洲市=が体験談を語る。

参加費1000円。問い合わせは大空朝(空野法律事務所06・6361・5488)まで。

関連記事

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ピックアップ記事

  1. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  2. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  3. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  4. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…
  5. 日本映画黄金期の松竹、日活、東宝、大映を渡り歩き、45年の短い生涯に51作品を残した異才・川島雄三(…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る