菅元首相の「ヒトラー投稿」 「『立憲民主たたき』にすり替えた維新」阪大・木戸衛一教授

橋下徹氏をナチス・ドイツの独裁者ヒトラーになぞらえた菅直人元首相(立憲民主党)のツイッター投稿が波紋を広げている。ヒトラーを引き合いに出して批判することは許されないのか。ドイツ政治・平和研究が専門の阪大教授、木戸衛一さんに聞いた。(新聞うずみ火 矢野宏)

 

これまでの経緯を振り返ると、問題のツイートは1月21日に投稿された。

「橋下氏をはじめ弁舌は極めて歯切れが良く、直接話を聞くと非常に魅力的。しかし『維新』という政党が新自由主義政党なのか、それとも福祉国家的政党なのか、基本的政治スタンスは曖昧。主張は別として弁舌の巧みさでは第一次世界大戦後の混乱するドイツで政権を取った当時のヒットラーを思い起こす」(原文ママ)

これに対し、橋下氏は23日の自身のツイッターで「ヒットラーへ重ね合わす批判は国際的にはご法度」と反論し、「まあ今回は弁舌の巧みさということでお褒めの言葉と受けとっておくが。それよりも強い野党を本気で作る気があるなら、大阪では自民に圧勝している維新政治を謙虚に研究すべき」と忠告している。

橋下氏がツイッターで反論

 

すると維新が25日の衆院予算委でこれを取り上げ、26日には藤田文武幹事長が立民本部に対し、謝罪・撤回を求める抗議文を提出。謝罪を拒否したことに2月1日、馬場伸幸共同代表がメディアを引き連れて菅氏を訪ね、抗議する。菅氏はまず「橋下氏は維新とどういう関係なのか」と質問。馬場氏が「関係ない」と答えると、「関係がない橋下氏の問題に維新が抗議するのか」と抗議は受け付けない考えを明確にした。

ちなみに、橋下氏は12年6月、当時の民主党政権が公約に盛り込まなかった消費税増税を目指す方針を決めた時、「ヒトラーの全権委任法以上」と発言し、17年2月にはツイッターで京大教授を「お前の顔の方が安もんのヒトラーだろ」などと罵倒している。

1

2 3

関連記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ピックアップ記事

  1. 安倍元首相の国葬が27日午後、東京都千代田区の日本武道館で行われる。法的根拠がないまま閣議決定された…
  2. 「こんな女に誰がした」の歌詞で知られる「星の流れに」。この歌が生まれたのは、旧満州(現・中国東北部)…
  3. 「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌は世の中の時勢や成り行きにつれて変化し、世の中の…
  4. 岸田政権が「安倍国葬」を強行しようとするのはなぜか。旧統一教会や日本会議、限られた資本家などが安倍元…
  5. 「国民に丁寧に説明する」と臨んだ今月8日の閉会中審査で、岸田首相はなぜ「安倍国葬」を実施するのか、四…

うずみ火商店




ページ上部へ戻る