幕末、上方落語界で隆盛を誇った「立川流」だが…

落語で立川流と言えば談志一門。立川志らくは今や朝のテレビ番組の顔だし、兄弟子の志の輔はNHKの「ためしてガッテン」などでおなじみ。『赤めだか』で一躍名を上げた談春も立川流。今や東京の落語界では一大勢力だ。で、立川流と聞けば東京の亭号と思うだろう。が、あまり知られていないが、上方にも立川の亭号があったのだ。

 

『古今東西落語家事典』に、立川三光の名前が出てくる。ただ、この人、本名未詳。生没年も未詳とあり、よく分からない。だが、前著に「天保11年(1840)の『浪花諸芸玉づくし』に、〈咄・即席の三光〉とあり、即席頓智の才に秀でた咄家であったかと思われる。嘉永6年(1853)の見立番付には、三光のほか、光柳・一・木寿・歌柳・南光と名乗る咄家が認められ、一派を形成していたこともわかる」と出てくる。

 

また、前著にも出てくるが、月亭春松著の『落語系図』には、「(上方落語の)立川の先祖は俳優立川伴五郎と云ふ歌舞伎役者なり、其子に三五郎と云ふひとあり、立川家の家元で芝居噺の上手の家元なり、四ツ谷怪談、かさね怪談、幽霊物の元祖なり、其頃大井に(原文のママ)流行し、其後道具入にて角芝居、中芝居にて興行なす」と出てくるのだが、『落語家事典』によると、『落語系図』の説明は、「歌舞伎資料の面からみると非常に疑問点が多く、この説はにわかには信じられない」と書かれている。それはともかく、幕末、上方落語界で立川流は大いに隆盛を誇ったのは間違いない。だが、その上方立川の一派も明治10年代に消えてしまったと言われる。

 

ちなみに、亭号の始まりは烏亭焉馬からという。焉馬は落語中興の祖と称される大看板。彼は、歌舞伎俳優五代目市川団十郎の熱心な贔屓で、自身も談洲楼(だんじゅうろう)と称し、住まいの相生町を流れる堅川から取って、立川談洲楼とも名乗った。ここから江戸の立川流が始まるのだが、その跡を襲った二代目立川焉馬が、「立川家元」と称して落語界に君臨したことで、立川流は確固たる地位を築いた。ただ、上方の立川流とのつながりは、よく分からない。

 

亭号と密接な関係にあるのが名跡だ。どこかで生まれ現代につながる場合もあれば、いつの間にか消えてなくなったり……。落語の祖の一人、米沢彦八は四代目までは確認できるが、その後は絶えたままである。ただ、大坂の彦八も初代が没後、二代目が京都に現れるのだが、初代と二代目のつながりは不明だし、京都の露の五郎兵衛は初代の死後(元禄16〈1703〉年)、二代目襲名(平成17〈2005〉年)まで、300有余年も空いてしまった。

木下昌輝著「天下一の軽口男」

 

なぜ、こういうことになったかといえば、大名跡の襲名には覚悟がいるからでもある。つまり、先代の記憶が残るうちに襲名すると、先代と比較され、批評され批判される。それを跳ね返すだけの実力と覚悟がないと、なかなか襲名できない。また、襲名しても人気と実力が伴わないと大看板になれない。師匠の名前を継ぐのは栄誉だが、弟子は尻込みもする。落語フアンからすると、大きな名前は残してほしい。しかし、襲名しても実力不足で看板が小さくなるとがっかり。ま、はたで見ている分には面白く、興味が尽きないんだけどね。(落語作家 さとう裕)

関連記事

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ピックアップ記事

  1. 6月17日、東京電力福島第一原発事故で避難を余儀なくされた福島県民など約3700人が国に損害賠償を求…
  2. 「桜は来年も必ず帰ってきます。もし人の命が奪われたら、二度と帰ってきません」。ノーベル賞の山中伸弥教…
  3. 小中学校時代、昭和30~40年代、関西に落語専門の寄席小屋はなかった。とはいえ、寄席自体がなかったわ…
  4. 犠牲になった白梅学徒らの写真を前に説明する元学徒の武村さん
    77年前、沖縄戦の組織的な戦いが終わったとされる「沖縄慰霊の日」。最後の激戦地の一つ、糸満市真栄田に…
  5. 2020年は子年。ネズミの出てくる噺をと探していたら、なんとネコの噺の多いこと。それでも幾つかあるネ…

うずみ火商店

ページ上部へ戻る