アーカイブ:2022年 6月 14日

  • 非効率な役所仕事を皮肉った新作落語「ぜんざい公社」

    落語会に通い出して、まだ古典も新作もよく分からない頃、「ぜんざい公社」を聞いた。この噺で新作落語の存在を知ったように思う。「ぜんざい公社」は四代目桂桂文紅(1932~2005)作。文紅師は当時珍しい大卒の落語家で、噺はさ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る